MENU

通信販売の生命保険のメリットとデメリット

最近の生命保険では、格安通信販売定期保険等の人気も高まっています。こうしたものは単純なものが一般的です。しかし、要介護とか一定の疾病になったら保険料免除といった組み立てができないというデメリットもあります。いざというときの免除基準も吟味しないといけないものです。通信販売の生命保険が安いのは、人件費などのコストがかからない分が反映されるからです。セールスマンのしつこい勧誘も無く、インターネットや郵送で、手軽に契約手続きができるため、自分自身の判断で生命保険を選択したい人は、向いているともいえます。しかし、通信販売の生命保険だと、用紙に記入した内容のみで判断されるので、健康状態によって加入が可能かどうかも書面だけで判断され、交渉の余地がない、ということがあります。ある程度、生命保険会社の人との対面で、信頼関係を作りたいのも、生命保険というものです。また、契約の申込をしてから、実際に資料が手元に届くまで1〜2週間かかったり、最終的な契約手続きまで1ヶ月以上かかるケースも結構多いものです。さらに、加入を断っても、一度、請求をすると、その後何度でも案内を送りつけてくる生命保険会社も結構多いようです。生命保険の契約では、良い担当者に巡り合えると、いろいろとメリットもあるものです。多少は健康状態に不安があっても、審査の基準をもとに、健康状態に応じて受けられる保障の対象の選び方や、一定期間経過すれば通常の保障が得られる方法などを、いろいろと説明してくれたりします。また、入院などの際、給付金を請求する場合に、給付がスムーズにいくような書類の書き方のアドバイスまでしてくれるものです。何より、契約の際、生命保険の種類や、給付金、掛け金などで、自分に合ったものをいろいろとアドバイスしてくれる担当者が一番望ましいものです。契約を急ぐ場合には、できるだけスムーズに手続くを済ましてくれるのも良い担当者でしょう。生命保険の中には、非喫煙者や優良体という基準をクリアした人が利用できる、保険料割引(非喫煙割引、優良体割引など)もあります。これが適用されると、同じ保障内容でも、通信販売より割安になる商品もあったりします。こうした割引を適用するには、営業マンを介して唾液チェックなどの所定の審査を受ける必要があります。つまり、営業マンにより、通信販売より割安な保険商品の利用も可能なわけです。生命保険は、信頼できる営業マンとの人間関係も大切なものなのです。

生命保険の選び方

生命保険の選び方を正しく行っている人は半数以下と言われています。だいたいの人が、適当に生命保険に入っていて、それで安心しているというケースがとても多いと言われています。しかし生命保険というのは、長期間支払い続けていくものですし、保険料もそれほど安いものではありませんから、生命保険を選ぶ際には、十分に検討を重ねて、自分にぴったりの生命保険選びをすることが大切なのです。自分にぴったりの生命保険の選び方としては、まず自分には保障がどれくらい必要なのか考えることから始めてみるといいでしょう。自分にとって、どれくらいの保障が必要なのか、独身の人には独身の人の保障額がありますし、夫婦の人にとっては夫婦の人に必要な保障額があります。そして子供がいる人、子供がいるけど独立している人など、さまざまなケースがあると思いますから、自分にぴったりの保障額を見つけて、その保障をつけることが、生命保険の正しい選び方になります。実は日本人の多くが保障をつけすぎている傾向にあるとも言われています。それはやはり内容をよく確認せずに、販売員に言われるままに保障をつけているというのが原因で、良く見てみると自分にとっては必要のない保障もあると思います。必要のない保障をつけていれば、それだけ無駄な保険料を支払い続けていることになりますから、これは無駄です。正しい生命保険の選び方、それは自分に本当に必要な保障だけをつける、それが一番大切なことになります。自分にとって必要な保障というのは一体どれくらいなのか、それをまずは知ることから始めなければいけません。例えば結婚して夫婦だけの場合には死亡保障は1000万円位で、医療保障は日額5000円位、妻の死亡保障は、300万円位とされています。家を購入すればそれだけ死亡保障をアップさせなければいけませんし、こどもが生まれて、子供が増えれば、それだけ保障を引き上げる必要があります。正しい生命保険の選び方としては、その都度、人生の節目に自分に合った保障内容で保障をつけていく、選んでいく、その上で生命保険に加入するという方法が、正しい生命保険の選び方ということになります。テレビのコマーシャルを見て選ぶのではなくて、自分たちにきちんと合っている保障なのか、それを考えた上で、生命保険を選ぶ必要があります。通販型の生命保険が今とても人気ではありますが、自分に合ったものを選ばなくては加入していても意味がないですし、無駄な保険料を支払うことになるので注意しましょう。

生命保険業界の今後

生命保険会社というものは、保険加入者から保険料を集め、それを保険事故に際して支払う、というのが基本的な業務です。生命保険を扱う会社には、「生命保険会社」と「損害保険会社」の二種類があります。生命保険は、保険に加入している人の死亡・疾病時や、一定の年齢に到達した時に保険金が支払われ、損害保険は、事故などで、保険に加入している人が受けた損害に対して保険金が支払われます。生命保険会社は、安全と保障を担保に資産の一部を預かると保険事業と同時に、預かった資産を運用し、安全と保障に応えるという、金融業務の両輪によって成り立つことになります。生命保険会社は預かった保険料を株式、貸付、公社債、海外投融資などに投資、運用して、収益を確保します。1995年の法改正以降、生命保険業界の再編成が進み、一方で、ガン保険等シンプルな商品をメインとした外資系の市場参入が続いており、業界上位への進出を図っている状況でもあります。生命保険業界は、運用の利回りが、契約者に対して保証した額を下回る、いわゆる「逆ざや」に苦しんでいる状態が依然として続いている状況です。また、遺族保障型の保険商品の販売が伸び悩み、保険料収入の減少から、市場再編成が進む、と言う状況が続いています。一方、損保業界でも、収入保険料の半分を占める自動車保険が、既に頭打ちの状況で、これに変わる、第三分野と呼ばれる医療・介護保険が好調で、特に傷害保険分野が活況を見せています。法人マーケットでは、これまでの厚生年金基金に代わる日本版401Kとして注目されている確定拠出年金制度で、これまでの制度運営受託に加え、従業員向けに教育プログラムや運用商品情報の提供などにも積極的に取り組んでいます。今後的には中国を中心に、アジアへの進出を計画するところも増えています。生命保険会社の営業体制も、量から質へと移ってきています。営業マンのサービスのこまやかさ・知識がさらに必要となり、商品の多様化や、他の金融機関との競合、さらに高齢化社会などの時代に対応した商品開発能力も求められるようになっています。学生の就職希望先として、人気ランキングで上位の損保でも、採用に際しては能力だけでなく、人間性を重視するようになってきています。事業の多角化・国際化、商品の多様化・複雑化に伴い、様々なタイプの人材が、今後は生命保険業界でも必要となってくることでしょう。生保や損保の合併や持ち株会社化が進み、、銀行と比べても遅れていた業界再編が一段落し、経営体力が強化された生命保険会社が、今後の生命保険業界のけん引役となっていくことでしょう。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク